政治、経済、歴史、スピリチュアル、良書の紹介 などを中心に主婦の目線で。

  アルジェリア航空機
 

連絡途絶えたアルジェリア機、墜落の情報 116人搭乗

アルジェリア国営通信によると、24日未明、西アフリカのブルキナ
ファソのワガドゥグを離陸したアルジェリア航空機が、離陸から50
分後に連絡が途絶えた。乗客乗員116人が乗っていたという。
ロイター通信はアルジェリア航空筋が「同機が墜落したことを確認
した」
と報じた。

アルアラビアテレビは、飛行ルートにあたるマリからの情報として、
同機が墜落したとの情報を伝えた。ブルキナファソ交通省によると、
同機は離陸直後に荒天のため飛行ルートを変更するという連絡が
あったという。乗客の国籍はフランス50人ブルキナファソ24人
で、他にレバノン人、カナダ人、スイス人など。日本外務省によると、
乗客に日本人は含まれていないという。

アルジェリア(Wikipedia)

アルジェリア民主人民共和国、通称アルジェリアは、北アフリカの
マグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東
にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハ
ラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中
海を隔てて北に旧宗主国のフランス
が存在する。首都はアルジェ。

アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連
合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟してい
る。2011年7月9日の南スーダン独立によりスーダンが分割(すな
わち縮小)されたことで、スーダンを超えアフリカ大陸で最も領土が
広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積を誇る。
  (引用終了)
-------------------------------------------------

116人の乗客のうちフランス国籍が50人、約半数がフランスで
す。アルジェリアは昔、フランスの植民地であったために必然と
そうなるでしょう。さて、そのフランスとイスラム国のアルジェリア、
マレーシア機墜落、ロシア包囲網はリンクしています。以下の記
事は23日のことです。(墜落事故の前日)

こうやって、アメリカに逆らい、ロシアと手を結ぼうとする国は今後
テロの懸念があります。我が国も安倍首相が米国の意向に逆ら
って訪朝したとしましたら、航空機事故やその他の交通機関テロ
もあり得ることになります。恐ろしい国ですね~ホントに。(>_<)

米「ロシアに艦船売るな」フランスに求める(7/23 朝日)

マレーシア航空機の撃墜事件をめぐり、米国務省のハーフ副報道
官は22日の会見で、フランスがロシアに大型の強襲揚陸艦2隻を
売却する契約を実行することについて「完全に不適切だ」と語り、ロ
シア側に引き渡さないよう求めた。米政府は親ロシア派武装勢力が
マレーシア機を撃墜したとほぼ結論づけており、ロシアの軍備増強
につながる契約を阻止する意向だ。

ハーフ氏は「我々は(揚陸艦を)引き渡すべきではないと(フランス
に)言っている」と述べ、フランス自らが引き渡し契約の変更を発表
するべきだとの考えを示した。

この契約は、2011年にロシアのメドベージェフ大統領(当時)の立
ち会いのもと、ロシアの兵器企業とフランスの造船会社が署名。
ロシアは、ミストラル級強襲揚陸艦2隻を総額約12億ユーロ(約16
50億円)で購入。極東ウラジオストクに司令部がある太平洋艦隊に
配備するとみられていた。



FC2 Management

 #雷雨

関東南部で強い雷雨、停電相次ぐ 全国58地点は猛暑日

太平洋高気圧に覆われた東日本と西日本は24日、各地で猛烈
な暑さとなった。一方、関東南部は夕方、東京都を中心に強い雷
雨に見舞われ、停電が相次いだ。宮崎市で37・4度、静岡県川
根本町で37・2度、甲府市で36・1度など、全国927地点のうち
58地点で35度以上の猛暑日を観測。30度以上の真夏日は6
割の559地点に及んだ。25日も暑さが続き、広い範囲で猛暑日
となる見込みで、気象庁は熱中症に注意するよう呼びかけている。

東京都内では午後7時までの1時間に練馬区で37・5ミリ、世田
谷区で20ミリの雨を観測。練馬区内の石神井川は午後6時40分
過ぎ、避難判断の目安になる水位に達した。停電は東京、埼玉、
千葉の各都県で計約7千軒超に達した。影響で小田急小田原線、
京王井の頭線、東急世田谷線が一時運転を見合わせた。



昨日から主人のパソコンのOSをXPからVISTAへを変更する作業
をしていました。OSを変えるのは特に大変でもないのですが、IEの
更新プログラムをDL、インストールするのがなんといっても時間が
かかります。やっと終わったのが今日の午後。すっかり疲れてしま
いました。(-_-;)

さて、全国的に猛暑が続いていますが、首都圏では雷雨、停電が
ひどかったようですね。もうこの時間にはおさまったのでしょうか。
ところで、昨日見かけたビデオでは地球と惑星で奇妙な音が確認
できるようです。世界的に大気の不安定、落雷が発生しています
が、磁気の減少に関係あるのでしょうか。

(参考) 「地球の磁場が10倍速で弱まっている」

 地球や惑星は奇妙な、絶妙な騒音を確認
 

(ビデオ概要)
落雷、半球から半球の地球の磁力線に沿って「ウィスラー」移動
により作成された。木星の荷電粒子は(ボイジャーによって記録
された)その磁気圏全体で「歌う」。



 

「空飛ぶじゅうたん」に乗りピアノ演奏、独ミュンヘン

ドイツ南部ミュンヘンの国際空港で23日、ピアニストのシュテファン
・アーロンさんが、ヘリコプターでつり上げられた「空飛ぶじゅうたん」
風のアルミニウム製構造物に乗り演奏を披露した。

「オレンジ・ピアノ・ツアー(Orange Piano Tour)」と題して、オレン
ジ色のピアノと共にピアニストが行きそうもない場所を回っている
アーロンさんはこれまでに、スイス・サースフェーにあるアルプフー
ベル山(4206メートル)、中国の万里の長城、ノルウェー・スタバン
ゲルに近いリーセフィヨルドの水面から604メートルの高さにそびえ
立つ一枚岩「パルピットロック」でも演奏を行った。(7/24 AFP)

 昨年の「パルピットロック」(ノルウェー)での演奏
 


  

ガザ戦闘:「ISSからも爆発や飛ぶロケット弾見える」

「宇宙からもガザ紛争が見える」−−。国際宇宙ステーション(ISS)
に滞在中のドイツ人宇宙飛行士、アレクサンダー・ガースト氏(38
)は24日、短文投稿サイト「ツイッター」で、イスラエル軍とイスラム
原理主義組織ハマスとの戦闘が続くパレスチナ自治区ガザ地区
の夜景写真を投稿し、「ISSからも、爆発や飛ぶロケット弾が見え
る」「これまでで最も悲しい写真だ」
などと嘆いた。

英語のツイートは発信後約6時間で1万回近くリツイート(転載)さ
れた。ガースト氏は地球物理学者で5月下旬からISSに滞在。
11月に地球に帰還する予定だ。日本の宇宙航空研究開発機構
(JAXA)の筑波宇宙センターでも訓練を受けている。


「私が撮影したもっとも悲しい写真だ。ガザの爆発やロケット弾発射
はここからも見える」と述べるドイツ人宇宙飛行士アレクサンダー・
ガースト氏のツイート




 

日本語バージョンがないので我慢してください。昔からそうですが、
飛行機事故って続く傾向があります。


台湾 旅客機が着陸失敗 多数の死傷者

23日夜、台湾の離島、澎湖島にある空港の滑走路近くで旅客機
が着陸に失敗して炎上し、台湾のメディアは47人が死亡したと伝
えています。

着陸に失敗したのは台湾の高雄発澎湖島行きの、トランスアジア
航空の双発のプロペラ機ATR72型機で、23日夜、澎湖島の中
心部にある馬公の空港近くで着陸に失敗し、炎上しました。

台湾のメディアによりますと、この旅客機には乗客乗員合わせて
58人が乗っていましたが、これまでに47人が死亡し11人がけ
がをしたということです。

   taiwan.jpg 

日本の台湾との窓口機関になっている「交流協会」の高雄事務所
によりますと、今のところ、この旅客機に日本人が乗っていたとい
う情報はないということです。

中国国営の新華社通信が台湾の航空当局の情報として伝えた
ところによりますと、旅客機は日本時間の23日午後5時に高雄
を出発する予定でしたが、悪天候のため1時間40分遅れて出発
したということです。

旅客機が離陸した台湾南部・高雄にある日本の台湾との窓口機
関の担当者によりますと、23日は台風10号が接近していたため、
台湾全土で公共機関や学校が休みになったということです。

また高雄では、23日夕方は台風の影響で強い風が吹いていて、
時折激しい雨も降る荒れた天気だったということです。(引用終了)

※ また、ウクライナではウクライナ軍機2機が親ロシア派に撃墜
されたとの報道があります。日本はまだ平和ですが、嫌な事件ば
かりが頻発しており、徐々に「なんか変だなあ~」と感じ始めた方
が増えてきているのではないでしょうか。


ウクライナ軍機2機 撃墜される
(NHK)


マレーシア機の撃墜事件が起きたばかりのウクライナ東部で23日、
ウクライナ軍の軍用機2機が親ロシア派の武装集団に撃ち落とされ、
マレーシア機の撃墜事件の調査などへの影響が懸念されています。

ウクライナ国防省などによりますと、23日午後、東部のドネツク州
でウクライナ軍の軍用機「スホイ25」2機が親ロシア派の武装集団
の攻撃を受け、撃墜されたということです。

現場周辺は親ロシア派が掌握する地域で、ウクライナ軍との間で戦
闘が続いており、国防省によりますと、当時は4機が軍事作戦を終
えて基地に戻る途中だったということです。撃ち落とされた2機に乗
っていたパイロットは脱出したということです。(引用終了)


Copyright © MU(ムー)のブログ. all rights reserved.